読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私が何をしてきたか

ヤバい感じ

にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ にほんブログ村 OL日記ブログ オタクOLへ

身体の弱さ

風邪がまぁ〜〜〜〜治らない。

「あ、喉めっちゃ腫れてる」って思ってから早5日。全然治らない。

昔に比べたら身体は強くなったものの、やっぱりまだまだ普通と比べると弱い。昔が酷すぎたんだけどね。12ヶ月中10ヶ月風邪、みたいな生き方をしていた。

ちょっと強くなって一昨年風邪を引かず調子に乗っていたら、去年肺炎になった。

(肺炎が下手すると死に至る病とは知らず、40度の熱で1人で病院行って買い出しして料理して、とかしていたので、具合悪くなってからの耐性はある。毒に慣れている感じある。)

そんな感じなので、ただの風邪なのに親、親戚、上司からの「無理するな、休め」コールがすごい。休まないけどな!

信じられる?現代日本だぜ。日本優しいな!甘やかされているな、ってありがたくなるものの、いい歳だから恥ずかしいしもうちょっと強くなりたい。

 

「人間も、大きな自然の中の一部だと思うのよね」

最近YOGAにハマっている、アメリカ在住のおばちゃんは言った。

「自然の中で見たら、ペチカちゃんてものすごく弱い部類の自然よね」

私もそう思う。ハードな自然に放り出された、3日で死ぬ気がする。

 

身体が弱い人には分かると思うんだけど、身体が弱いって、ものすごい焦りに繋がる。だってベッドにいる時間が長くて、いやでも考え事をする。

さっき「成功者のインタビュー」みたいなの読んじゃったから、なおさら焦る。

だって成功者って、「学校行ってアルバイトを3つ掛け持ち!自己研鑽もして、2時間睡眠でまた学校!」みたいな話平気でするじゃん。(学校が本業に置き換わることもある)

私はちゃんと寝ないとすぐ身体を壊すので、絶対真似できない。寝る間を惜しまない割に、ダラダラする時間も惜しまないから、成功者との差は開く一方で、ベッドの中で一歩も動いてないのに、ものすごい距離を引き離される。

もう何回も何回も、こうやって焦っているのに、携帯ゲームの手は止まらないし、インターネットへの興味も薄まらない。

 

でもね、きっと「成功した!」って思われている人だって、こういう焦りを感じたことはあると思うの。

でも、きっと回数が全然違うんじゃないか。何回も何回も繰り返す前に、彼らはちゃんと身を正したんじゃないか、と思うのです。それに世間は才能ある人を、そんなに放って置かないんじゃないか。

才能に加えて、こういう武勇伝みたいなのを披露できる人たちには、無理できるだけの器があったってことなんだろうな、と思う。素直に羨ましいし、ガタがこないように気をつけろよ!とエールを送りたい。

 

私もちゃんと定期的に走ったり泳いだりしてるんだけど、不摂生している若者よりだいぶ弱い。

不公平だ!って嘆きたいけど嘆いてる間にもちゃんと食べて寝なきゃいけない。

 

もう何度となく反省したことなので、この風邪が治ったら、ちょっとは毎日有意義に時間使えるようになりたいです。

せめてツイッターを見ないとか…。