読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私が何をしてきたか

ヤバい感じ

にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ にほんブログ村 OL日記ブログ オタクOLへ

友達の自慢と、とても悪口

声高に愚痴を語っている

※また基本的に悪口しか書いてないです。

 

友達と会った。

大学時代の友達とほとんど縁を切ったのだけど、その子とはまだ続いている。

べらぼうに頭が良く、バリキャリな女の子だ。学歴も職歴も伴う頭の良さなので、その辺に転がってる「自称しっかりしてる女」とは格が違う。

友達は長いこと同棲していた人がいて、最近その人と結婚した。旦那さんとは大学院時代に知り合ったらしいが、旦那さんの経歴、超有名メーカー→大学院入り直し→超有名商社+めっちゃ強い資格、という絵に描いても余りあるエリートらしい。(バレが怖いのでぼかしまくってアホみたいな記述になった。)

玉の輿狙いの婚活女子とかが聞いたら卒倒しそう。でも友達は旦那さんと張るくらい収入もあるし同じ資格持ちだから、収入面はどうでもいいそうだ。(自分と同じくらい頭が良くて、顔が悪くなければ良かったらしい。素直にかっくい〜〜って思う。)

 

結婚式とかは、旦那さんも歳だし自分も興味ないからやらない、と言っていた。

この子と会っていていつも「良いな」と思うのは、周りに全く流されないところだ。自分が興味があるかどうか、自分がやりたいかどうか、で、ちゃんと人生を選択している。

その子が入籍したのはけっこう最近だったのだが、プロポーズはだいぶ前にされていた。

 

友達「面白かったのがさぁ、私がプロポーズされたって話したら、周りで何組かバタバタって結婚したの」

私「ほほう?」

友達「大学の同期でさぁ、A子っていたでしょ?あの子と私、職場も一緒だったんだけど」

 

私はA子とは全く会ってないのだが、友達はA子と中学時代から友達で(ここら辺、都心受験組の闇って感じする)、大学から職場まで一緒だったのでそこそこ連絡を取り合っていたらしい。

プロポーズされてすぐの頃、たまたまA子とご飯を食べに行って、「プロポーズされちゃったぁ〜〜♡」と軽く報告したそうだ。

そうしたらA子の顔色がサッと変わり、お祝いの言葉もそこそこに、その後はA子の恋愛相談。

恋愛相談という名の「やっぱり元彼と復縁しようかなぁ〜〜」って相談。「元彼で手を打っても良いような気がしてきた」ってさ。

そこからあれよあれよと言う間に元彼と復縁して、今度結婚するという。

そういう風に、友達の結婚報告を受けてから急に結婚した子が、A子以外にも何人かいたそうだ。焦りだ。断言するけど、焦りだ。

友達は先述のようにバリキャリで、自分で「私はたぶん結婚とかしない」と常々宣言もしていたので、たぶんみんな「まさかあの子に先を越されるとは!!!」って感じだったのだと思う。

 

友達「うちの大学の子って、すごく枠にハマってる子多いよね」

私「あー、わかる。なんか、全部で勝ちたいってオーラを感じる。」

友達「そうそう、キャリアでも、女としても!って感じで。絶対全部で周りに遅れを取りたくないっていうか」

 

友達は最近もA子とご飯に行ったらしい。そこでA子の結婚報告を受けたそうだが、そのときA子が言った言葉が、まさに「枠にハマった感じ」で驚いたと言っていた。

 

A子は、「でもさぁ、早く子供も産まなきゃって、焦らない?」と言ったそうな。

 

私は今、なんかの手違いで子供出来た方が焦るけどな。全く準備できてないし、親になれるほど成熟もしてない。

最近そういう、枠にハマってる系の子と縁を切りすぎていたせいで、「そっかそういう人現実にいるんだ」ってなんか変な気分になった。

友達は、「私を無理矢理『焦ってる』グループに入れるなって感じ!」とひとしきりキィキィ怒った後で、ポツリと言った。

「私結婚するけど、自分の子供を友達の子供たちと同学年にしたくない。ずーっと比べられそうで」

 

きっとA子たちに、一切の悪気はないんだと思う。

彼女たちもずっと比べられる世界で生きてきた。勉強も、仕事も、女としても。だからそれを自然だと思っているんだと思う。誰かと比べて自分がどこにいるか、そればっかり気にして、遅れていたら焦らなきゃいけない。

勝つ、負ける。彼女たちの世界にはそれしか無い。

 

A子の話、いろいろ聞いたのだけど、「早く産まないと」「仕事に差し障りないタイミングで産まないと」とかいろいろ言っていたそうで、なんだかとてもモヤモヤした。

親戚の子でデキが悪い子がいて、その親がとても苦労していたのを、かなり物心がついた後で見てきた経験がある。だから、A子みたいな考えは「ちょっと想像力が無さ過ぎじゃないかなぁ」と思ってしまう。

ポンと産まれて産休育休取って、そしたら子育て終わり!ってもんじゃないんだから。場合によっちゃあハタチ越えたって、まだ面倒見なきゃいけないんだから。自分が生きてきた人生の年月とそこそこ同じくらい、自分の時間を自分と別の生き物に捧げる気合、そういう子たちに有るのかなぁっていらぬ心配をしてしまう。

A子のようにデキが良い子が産まれるとは限らないし、思い病気とか障害を抱えてる子が産まれるかもしれない。(そういうリスクを減らすために早く!っていう意見も分かるが、別にリスクがゼロなわけじゃ無いし、そもそもそれこそなんやねんその考え方、と思う。)

子供をファッション道具にすんなよって、沸々とした怒りを覚える。

あと、親が玉の輿狙って結婚して、途中でリストラに合い計画ぶっつぶれたの見た身として、「結婚したら安定安泰!専業主婦!」って考えの人頭大丈夫かなって思っている。

変化し得るもので相手を判断しちゃいけないなぁって、思うよ。年収とか、見た目とかね。

 

まぁグダグダ書いてきたけど、結局信じられるのは自分だけなのだ。ワハハ。自分が努力して身につけた、自分のスキルだけ。

というわけで明日からちゃんと勉強しようと思います。TOEICもう一回受けよっかなって。

私のTOEIC戦歴とかまた書きますね。

 

とにもかくにも、まぁこの日記には反映し切れなかったけど、私は素晴らしい友達を持ったなぁって思ったの。

しっかり自分があって、聡明で、話が合って。大学時代の友達ってほとんど縁切ったけど、その子とは仲良くし続けられてて本当に良かった。